MENU
トカゲ
10年でFIREを目指すサラリーマン
現在、FIRE目指して4年目に突入!
(目標期間:2019年~2029年)
◆貯蓄ペース:年間400万円
◆投資方針:高配当株&インデックス投資メイン
◆副業:せどり&ブログにチャレンジ中!
◆twitter:フォロー↓ぜひお願いします。

 

日本ブログ村のランキング参加中です。
もし良ければ応援(クリック)お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

おすすめブログ

【りゆうの最北投資ブログ】
ポイ活,幅広い投資が素敵

FIRE GO!|FIREの計画&作戦編 ③ ~FIREへのペース配分!旅のしおりを作る~

目標であるFIREまでのスケジュールを考える

まず前回までの”あらすじ”を絵を交えて整理します。
前回のブログで、FIREの目標を立てFIREまでの地図を描きました。

トカゲの目標は、10年以内にFIRE※の自由権が欲しいです。
(※FIREFinancial Independence Retire Early=経済的独立と早期退職)

FIREへの地図はこんなイメージ(↓)描きました。
数年かかりそうな大きい目標を『山小屋』、1年単位で達成できそうな小さい目標を『道しるべ』と表現しております。

目標までの計画を、登山に例えた図

[1合目:道しるべⅠ] 不労所得1万円/月

[2合目:道しるべⅡ] 不労所得2万円/月

[3合目:山小屋①] お小遣い確保;不労所得で3万円/月

[4合目:道しるべⅢ] 不労所得50万円/”年” → 4.2万円/月

[5合目:道しるべⅣ] 固定費を全て不労所得でカバー → 6万円/月

[6合目:道しるべⅤ] 不労所得100万円/”年” → 8.3万円/月

[7合目:山小屋②] 現状の生活費;不労所得10万円/月

[8合目:道しるべⅥ] 不労所得150万円/”年” → 12.5万円/月

[9合目:道しるべⅦ] 不労所得200万円/”年” → 16.7万円/月

[10合目:山小屋③=ゴール] 自立した生活費;不労所得19万円/月

詳細が気になる方は、過去ブログをご参照して頂けると嬉しいです。

上記の具体的な数字は、あくまでも私,個人の目標です。

あなたも、好きな数字にしてアレンジして頂きたいです。
もっと贅沢に生活したい方も、もっと倹約が得意な方も、ライフスタイルもそれぞれですので、ご自由に!

前回までの記事にて ”目的地” と ”地図” を手に入れましたが、やはり旅には、“旅のしおり”が大事です!

今回の記事では、旅のしおり(=タイムスケジュール)を準備したいと思います。

さて! 私、トカゲは、10年で登頂できる”旅のしおり”は作れるか!?

FIREへのペース配分!旅のしおりを作る

目次

なぜ旅のしおりが必要か?

ちょっとイメージしてみてください、、、
もしもハワイに行きたいとして、旅行代理店のパンフレットに時間が書いてなかったら…
どう思いますか?

イメージできますか? めっちゃ困ります!

  • いつ空港行けば良いの?
  • 何時までにチェックインすればいいの?
  • 自由時間とかあるのかな?

なので、旅のしおりの準備をしましょう!

旅のしおりの効果
  • ペース配分が分かる
    ⇒目標の10年で間に合うか分かる
  • 具体的な行動に移せる
    ⇒『いつまでいくら貯蓄すれば』が把握できれば、何をすれば良いか分かる

ペースが分かる

<旅のしおり”ナシ”.ver>
 ◆このペースで、10年でFIREは達成できるかな?
 ◆遅れているのに、気付かない…

<旅のしおり”アリ”.ver>
 ◆このペース、良い感じ!
 ◆いや、ちょっと遅れてるぞ!これもやって挽回するぞ!

旅のしおりがないと、そのペースが良いのか悪いのか…ワカリマセン!

具体的な行動に移せる

例えば”:旅のしおりが必要な理由
STEP
来年までに、次の”道しるべ “に到達したい
STEP
ってことは、100万円を投資に回せばOKだな!
STEP
ってことは、毎月8.3万円を貯めなきゃ!

計算:100万円/12ヶ月⇒毎月8.3万円
※ここまでが”旅のしおり”です。

STEP
いま、毎月7万円ペースだから、あと1.3万円分節約しなきゃ!
STEP
1.3万円を節約するために、飲み会を2回だけ減らそう!

旅のしおりがあれば、具体的な行動に移せます。
上記のように、毎月の必要な額が分かれば、打ち手(具体的な行動)を考えられます。ただし、非現実的な場合は、妥協点を探ることも必要になります。

旅のしおりが必要なのはわかった!
ペース大事だもんね👍
ところで…どんなペースで貯蓄すれば良いの?

と声が聞こえてきましたので、次章にて。

“毎月いくら貯蓄すれば良いか” を計算してみよう

前提条件

  1. 投資の利回り;5.5%
  2. 配当利回り;4.5%
  3. 貯蓄額の増加率;毎年+6万円(毎年の昇給分)
  4. 配当はすべて再投資
  5. 貯蓄額 @初年度;300万円/年

◆前提の根拠

1.投資の利回り;5.5%

S&P500の投資利回りが7~8%と言われております。

今回、私トカゲは高配当株へ投資メインとするため、少し割り引いて5.5%と設定しました。この数字もざっくりですし、増える保証さえないですね。

未来の数字を正確に当てることは無理難題と思います。(あくまでトカゲの意見です。)コロナショックを直撃されている方は実感されるのではないでしょうか。

S&P500だからと言って、10年後に利回りが7~8%になっている保証はありません。どんな銘柄やETFに投資するかは、また別のブログでご紹介させて頂きます。

※投資はあくまで自己責任でお願いします。

2.配当利回り;4.5%

高配当株を狙うので、配当利回り4%くらいを狙いたいです。
前提は、4.5%と少し高めに設定してますが、連続増配株を狙う予定なので、将来的には控え目に見ても”4.5%”くらいになるのでは、と考えての数字です。

今回、『株価の伸び5.5%+配当利回り4.5%=投資利回り10%』と、かなり楽観が過ぎる数字を仮定しましたが、この数字はあまり気にしなくて良い理由を述べます。

FIREの火付け役となった名著『FIRE 最強の早期リタイア術』でも、短期間でFIREを達成するならば投資利回りよりも貯蓄率の方が重要と紹介されております。

引用:『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド』

著者クリスティー・シェン氏もサラリーマンから短期間でFIREを達成された大先輩ですので、重宝してます。
FIRE後の世界一周の話などもFIREへのモチベーションが上がる魅力的な書籍でした。

3.貯蓄額の増加率;毎年+6万円(昇給分)

トカゲは、一般サラリーマンです。勤め先の会社の年功序列のおかげさまで、毎年年間で+6万円分くらいはお給料が増えそうです。年功序列は、”計画を立てやすい点”だけは、良いですね!

4.配当はすべて再投資

もらった配当金は、すべて再投資する前提です。
高配当株投資は、投資タイミングが大事なので、いつ再投資するかが難しそうですね…

とはいえ、何か前提を置かねば、試算に進めないので、ざっくり進めて行きましょう!
ペースが遅れてしまう場合は、何か打ち手をその際に考えます。

5.貯蓄額 @初年度;300万円/年

ここまでの前提から計算したところ、10年後に月19万円の不労所得(=トカゲの目標)を達成するには、初年度300万円の投資が必要でした。詳細は後述します。

初年度の貯蓄額は、“計算結果から逆算”しました。

計算結果

初年度→ 300万円を貯蓄⇒投資へ回す

2年目→ 300万円(初年度貯蓄)×1.055(投資利回り)+300万円(2年目貯蓄)+6万円(昇給分)+300×0.045(配当利回り)

・・・(以降繰り返し)

計画;投資額と不労所得

あくまでも机上の計算ですからね!概算ということを念頭に置いて取り組みます。

スケジュールは、あくまでもスケジュール。雨の日があれば雨宿りするし、雨が止めば虹も出るし。山あれば谷もあると思います。

とはいえ、“年間300万円” 貯蓄ペースならば、10年でFIREが達成可能だとわかりました。一ヶ月あたり“25万円” (=300万円/12ヶ月)貯めれば良いことが判明しました。

トカゲ

んん・・・?
“月25万円”って、めちゃくちゃヘビーじゃない?

しかし、こういう時は、いったん感情を切り離して考えましょう💡

”旅のしおり”(スケジュール)は手に入りました!

次回では、この“月25万円貯蓄”という、ほぼムリゲーとも思えるハードルを達成するための具体的な行動を公開しようと思います。

まずは現時点での家計を把握しないとね!
次回はコチラ⇒現状の貯蓄ペース把握!家計の確認

FIREに向けて、一歩ずつ。

それでは、また。

「良い記事だった!」
「応援したいな!」

と感じて下さったら、ぜひブログ村の応援(クリック)をお願いします。

励みになります^^b

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Twitterもやってます。ぜひフォローお願いします。
ご気軽に絡んで下さると嬉しいです。

よろしくお願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次