節約!固定費低減|家計を年間300万円,毎月25万円改善した方法③ ~実家に帰る(メリット);中編~

サムネイル画像③~実家へ帰る中編~実家のメリット紹介 貯める
難しい

ん~年間300万円の貯金はすごいけど…
実家に帰るって微妙じゃない?
カッコ悪いし、不自由そう💦

 

トカゲ
トカゲ

だよね…
なんか世間体も悪いし、不自由もあるよ!
でも、もちろん悪いことばっかりじゃないよ!

トカゲ
トカゲ

実家に帰ったら家賃もかからないのは、その通りだけど、

ご飯、掃除、洗濯まで… つまり最高よ!
メリットもたくさんあったよ!

本ブログの節約シリーズでは、私,トカゲが、年間300万円つまり毎月25万円の家計改善に成功した方法を紹介します。毎月25万円の貯蓄生活を、かれこれ2年以上は継続中です。

前回(②)の記事では、家賃”へ対策するため、実家に帰りました。
しかし、実際に実家に帰ってみると想定外のメリット・デメリットがありました。

今回の記事では、メリットとして家賃以外にも大きな波及効果がありましたので、どんな変化があったかを紹介します。
なお”デメリット”に関しては次回、紹介させて頂きます。

<ざっくり粗筋>
“私,トカゲの目標;10年でFIREの自由権を得ること”
そして10年でFIREするにはなんと・・・
”一年間で300万円” の貯蓄をすること、と算出しました
つまり・・・1年を12ヶ月で割って、
“毎月25万円”の貯蓄をすること。
そして、1年半前(2019年1月)の実力である毎月の貯蓄額は、”ゼロ”・・・
ちなみに貯金も、ほぼゼロ(数万円…)でした。(黒歴史)果たして、トカゲはどのように”毎月25万円の貯蓄”へ挑むのか…前回記事(①)では『貯蓄の前に、社畜を脱出!』ということで、ブラック職場を脱出に成功し、節約へ取り組む時間をまず確保しました。<準備編>

  1. 人生の目的地(目標;FIRE)を決める
  2. ゴール(FIRE)までの地図を描く
  3. 旅のしおりを手に入れる(スケジュール)
  4. 現在の家計をチェックする(収入と支出の確認)

<固定費低減のトレーニング編>

  1. 家計を年間300万円改善した方法① ~センターピンを掴まえる~
  2. 家計を年間300万円改善した方法② ~実家へ帰る;前編~
  3. 家計を年間300万円改善した方法③ ~実家に帰る(メリット);中編~ ←今回ココ
<前回(②)までの節約額>
6万円
(目標の毎月25万円まで、あと19万円)

また固定費低減や、家賃対策の選択肢のひとつとして、実家へ帰ることがどんな感じなのか知りたい方へ、少しでもご参考になれば幸いです。

家計を年間300万円,毎月25万円改善した方法③

スポンサーリンク

実家に帰ったら、想定外の “メリット”が!?

実際に実家へ帰ったら、家賃以外にも下記のようなメリットがありました。

1.駐車場代
2.食費
3.家族の愛情

駐車場代

実家に駐車スペースがあったため、一人暮らしのときにはかかっていた、駐車代もタダになりました。

駐車代;0.5万円 → ”ゼロ”

食費

実家に戻る前

毎晩のように外食し、金曜日は飲みに行ってました。
仕事も毎晩遅かったのもあり、帰宅時には近所のスーパーなど開いておりませんでした。

仮にスーパーが開いてたとしても、夜遅くから自炊したり、洗い物する元気などなかったです。

ブラック職場を脱出し、実家へ帰ったr

毎日おいしいご飯を、ゴールデンタイムに家族一緒に食べることができております。
“お母さん、ありがとう!”

さすがに申し訳ないと思い、家族へ食費だけでも支払うことに決めました。

また、新しい職場では”お酒を飲めないキャラ””有休をめっちゃ取るキャラ”を敢えて演じ、”飲み会代の節約”と”自分の時間確保”を両立しました。

飲み会は、以前は月5~6回くらい参加してましたが、ここ1年は数か月に1回程度に減りました。
(忘年会や歓送迎会は、さすがに断りづらいですね。)
(コロナ禍で周囲が自粛ムードな要因もありますが。)

(番外編;新社会人、異動、転職を検討中の方へ一言アドバイス)
「以前の職場では失敗したなぁ…」と思える点を、リセットできるのは良いですね!
新しい自分のイメージを植え付けることができるチャンスですね。

<結論>
 食費;7.4万円 → 2.6万円※
 家賃;ゼロ → 2万円

〈前提〉
※昼食代は社員食堂を利用します
※ときどき友人と外食します

家族の愛情

実家に帰ってみると、洗濯やゴミ出しやお風呂掃除なども両親がやってくれます。
学生時代には、何とも思ってなかったことに感謝が尽きません。

ワイシャツのアイロンがけまで…
”お父さん、ありがとう!”
(少しは手伝えよ…)

って声が聞こえて来ましたが、あえてスルーさせて頂きます…

家族の愛情;プライスレス
 ”いつも、ありがとう!”

 

まとめ

<実家に帰ったら家賃以外のメリット>
合計:3.3万円低減
✅駐車場代:0.5万円低減
✅食費:4.8万円低減
✅家賃:+2万円 (さすがに毎食ただ飯は申し訳なく)

家賃対策の6万円と合わせて、①~③までで毎月9.3万円減りました。
年間112万円…、すごい効果です。改めて、すごい効果だと思います。

下記の表は、私,トカゲの支出の概算です。
一人暮らしのときに毎月37.7万円だった支出が、実家に帰り28.4万円まで減りました。
家賃対策による効果

当初の想定では、家賃のみが安くなると考えておりましたが、駐車代や食費にもメリットがありました。

なにはともあれ、まとめると両親の協力もあり、”9.3万円”の支出を下げることに成功しました。
毎月の貯蓄額、目標25万円まで、あと”15.7万円”!

とはいえ、今回のブログでは良いことばかり申し上げましたが、実際は、デメリットもありました。

次回、実家の”デメリット”は・・・

 

FIREに向けて、一歩ずつ。step by step!


節約!固定費低減|私が家計を毎月25万円改善した方法シリーズ

① ~センターピンを掴まえる~
②~実家へ帰る;前編~
③ ~実家に帰る(メリット);中編~
④ ~実家に帰る(デメリット);後編~
⑤ ~固定費の考え方~

コメント

タイトルとURLをコピーしました