節約!固定費低減|家計を年間300万円,毎月25万円改善した方法② ~実家へ帰る;前編~

サムネイル画像②~実家へ帰る前編~ 貯める
難しい

貯蓄ゼロからの年間300万円って、何したのよ・・・

 

トカゲ
トカゲ

色々あるけど…今回の記事では、
一番効果の大きかった”家賃対策”を紹介します!
(って言っても、実家に帰っただけだけど・・・)

前回(①)に引き続き、私,トカゲが、年間300万円つまり毎月25万円の家計改善に成功した方法を紹介します。毎月25万円の貯蓄生活を、かれこれ2年以上は継続中です。

もちろんノンフィクションです。
2021年4月現在、年間300万円以上を貯蓄できており、金融資産は1000万円の

2019年1月より本気でFIREを目指して、節約・固定費低減へ取り組んだ内容になります。
※FIRE:Financial Independence Retire Early;経済的独立と早期退職

今回の記事(②)では、、最も効果の高かった取り組み(家賃)”内容を紹介します。

<ざっくり粗筋>
“私,トカゲの目標;10年でFIREの自由権を得ること”
そして10年でFIREするにはなんと・・・
”一年間で300万円” の貯蓄をすること、と算出しました
つまり・・・1年を12ヶ月で割って、
“毎月25万円”の貯蓄をすること。
そして、1年半前(2019年1月)の実力である毎月の貯蓄額は、”ゼロ”・・・
ちなみに貯金も、ほぼゼロ(数万円…)でした。(黒歴史)果たして、トカゲはどのように”毎月25万円の貯蓄”へ挑むのか…前回記事(①)では『貯蓄の前に、社畜を脱出!』ということで、ブラック職場を脱出に成功し、節約へ取り組む時間をまず確保しました。<準備編>

  1. 人生の目的地(目標;FIRE)を決める
  2. ゴール(FIRE)までの地図を描く
  3. 旅のしおりを手に入れる(スケジュール)
  4. 現在の家計をチェックする(収入と支出の確認)

<固定費低減のトレーニング編>

  1. 家計を年間300万円,毎月25万円改善した方法① ~センターピンを掴まえる~
  2. 家計を年間300万円,毎月25万円改善した方法② ~実家へ帰る;前編~ ←今回ココ
<前回(①)までの節約額>
まだ”ゼロ円”

今回いよいよ、ちゃんと固定費低減します!

 

家計を年間300万円,毎月25万円改善した方法②

スポンサーリンク

なぜ家賃へメスを入れるのか!?

理由;最も効果のある項目を狙う

山登りで例えると、山登りに向けて筋トレしよう!と思い立ったとき、どこの筋肉を鍛えますか?
(トカゲは山登りに関してド素人ですので、あくまで”例え”です。)

やはり足腰など基盤となる部分からではないでしょうか?
少なくとも握力から鍛える方は少ないのではないと思われます。

なるべく早く大きな効果が目に見えることが大事だと思います。
それが自信になり、流れを引き寄せるはずです。

節約の効果が見えないと、モチベーションも保てないと思いますので、最初だけはひとつ心を鬼にして、取り組みました。

固定費低減の良いところは、一度がんばって対策すれば、その後は特に何もせずとも効果が持続することです。最初だけで良いので、踏ん張りどころです。

(実家に住めば、家賃は要らないですから…)

最も効果の大きい家賃を低減する

改善前の月間支出

上記は、トカゲの毎月の支出です。

今回、効果がありそうな”家賃”へメスを入れます。

支出を見ると、まずは他の項目(交際費,食費,保険)を対策しても良いと思います。

しかし、トカゲはそんなにきちんとした人間ではありませんので、とりあえず効果が大きそうな”家賃”へ対策を施しました。

話は少し逸れますが、私,トカゲは、きちんと考え過ぎずに、敢えて”とりあえず動く”ことを大事にしております。

私自身、元々、頭でっかちでフットワークが重いタイプです。
考え出すと、ず~っと考えて、足腰が重くなり、行動に移せなくなってしまいます。
なので、敢えて”とりあえず行動!”を意識しております。

実は結果論ですが、この家賃への対策が、他の項目にも影響がありました。
(近日のブログで紹介します。)

家賃の対策案を考えよう

家賃を下げたいと思いましたが、対策案が複数ありましたので、ざっくり表にまとめました。

(皆様が家賃へ対策する際は、ご自身の目標額や状況/性格とご相談して決めることをお勧めします。)

家賃対策とメリットとデメリット

私,トカゲの目標は、毎月の貯蓄額25万円であるのに対して、

現状の毎月貯蓄額は”ゼロ”なので、

最も効果が大きい案である、『実家に帰る』一択です。

効果 “実家に帰る”

実家に帰ってみて、毎月6万円の効果はホントでした。
(当たり前といえば、当たり前なんですが。)

まとめ

<毎月の貯蓄額>
 目標:25万円
現状:6万円
(目指せ、あと19万円)

②対策後の毎月の貯蓄額

家計改善までの前フリが長かったと思いますが、今回ようやく具体的な行動を紹介できました。

もちろん、皆様が全員が”実家に帰ろう”と提案している訳ではございません。
『家賃への対策の効果は大きい!』とお伝えしたい所存でございます。

あくまで私,個人の実家に帰った感想ですが、
ず~っと実家はちょっと重いですが、5年や10年なら余裕だな!
と思ってます。

近日のブログで、実際に実家に帰ってみて、
予想していなかったメリットデメリットについて紹介します。

会社に通える範囲に、もしご実家やご親戚がいらっしゃる方は、一度ご検討されみては、いかがでしょうか!?
その前に、ぜひメリット・デメリットもご参考に頂けると嬉しいです。

FIREに向けて、一歩ずつ。step by step!


節約!固定費低減|私が家計を毎月25万円改善した方法シリーズ

① ~センターピンを掴まえる~
③ ~実家に帰る(メリット);中編~
④ ~実家に帰る(デメリット);後編~
⑤ ~固定費の考え方~

コメント

タイトルとURLをコピーしました