MENU
クリックで飛べる目次
トカゲ
10年でFIREを目指すサラリーマン
現在、FIRE目指して4年目に突入!
(目標期間:2019年~2029年)
◆貯蓄ペース:年間400万円
◆投資方針:高配当株&インデックス投資メイン
◆副業:せどり&ブログにチャレンジ中!
◆twitter:フォロー↓ぜひお願いします。

 

日本ブログ村のランキング参加中です。
もし良ければ応援(クリック)お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

おすすめブログ

【りゆうの最北投資ブログ】
ポイ活,幅広い投資が素敵

エクセルとパワポを購入したい方、必見!どのマイクロソフトオフィスの商品を買えば良い!?

エクセルとパワポを導入したくて、調べたら、、、
種類がたくさんあって💦
何が違うの?

何を買えば良いの?

トカゲ

めっちゃわかるぅ~
人によって欲しい機能(ワード,エクセル,パワポ….etc)も違うよね💦

とりあえず、エクセルとパワポを使いたいんだけど…

トカゲ

エクセルとパワポなら理解できてるから、ぼくに任せてっ!
なるべく分かりやすく説明するね!

私自身、エクセルとパワポをインストールしたいな…と思って、マイクロソフトオフィスを調べてみたら、、、
ビックリするほど商品の種類が多くて…複雑で…結局どれ買えば良いの?と、困ってしまいました。

そこで『ぼくはエクセルとパワポを使いたいだけなんだよぉ~!』と思いながら、複雑なマイクロソフトオフィスの商品を調べているうちに、概要が把握できました。

エクセルとパワポを使いたい方へ、私と同じ様に、マイクロソフトオフィスをイチから調べる手間を減らせれば嬉しい!と思います。

商品の特徴とオススメ理由を分かりやすくお伝えします。

マイクロソフトオフィスが複雑な理由は、個人向け、法人向け、学生さん向けがありますが、今回は『個人向け』についてのみ説明します。

なお当記事では、MicrosoftOfficeのWordに関しては触れませんので、Wordについて詳しく知りたい方は、別のサイトをご覧頂いた方が良いと思われます。

エクセルとパワポを買いたい方、必見!
どのマイクロソフトオフィスの商品を購入すれば良い!?

目次

エクセルとパワーポイントの両方を使いたい場合

エクセルとパワポのイメージ図

万人にオススメできる
”Microsoft 365 Personal”

個人でエクセルとパワーポイントの導入をご検討の方へ、おすすめのMicrosoft Officeのパッケージについて紹介します。

最初に結論を申しますと、私のオススメはMicrosoft 365 Personalです。
名付けるなら『万能タイプ』です。

<メリット>
・Microsoft Officeの多機能を使用可能
 (Excel,PowerPoint,Word,Teams.etc)
・常にマイクロソフトの最新バージョンの利用が可能
・Macへも対応可能
・クラウド(1TB)も使用可能

<デメリット>
・3年以上使う場合、買い切りタイプが安い
 (ex.Office Home and Business 2021)

ちなみに2~3年おきにMicrosoft Officeの新しいバージョンが発売されるので、買い切りタイプだと数年後には旧バージョンになり、サポート期限が過ぎたりしますので、常に最新バージョンに更新できるMicrosoft 365 Personalをオススメします。

<参考_MicrosoftOfficeの発売年>
[2010年以降]
 ・Office 2010:発売2010年
 ・Office 2013:発売2013年
 ・Office 2016:発売2015年
 ・Office 2019:発売2018年
 ・Office 2021:発売2021年
 ※2~3年おきに新しいバージョンが発売されてます。

旧バージョンの悪い点
  • 最新の機能が含まれない
  • セキュリティ面が脆弱のため、
    ウイルス感染のリスクが高まる
  • サポート期限が切れると、
    不具合があっても問い合わせ不可

もう少し商品ラインナップと特徴について、詳しく説明していきます。
エクセルとパワーポイントの両方使いたいときに比較すべき商品は、以下の4種類があります。

  • Microsoft 365 Personal
  • [単品]Excel 2021 と
    [単品]PowerPoint 2021 を個々に購入
  • Office Home and Business 2021
  • Office Professional 2021

上記の4種類の商品の内容を表にして示します。

スクロールできます
Microsoft
365
Personal
Excel 2021 と
PowerPoint
2021
Office
Home and
Business 2021
Office
Professional
2021
販売形式1年毎のサブスク買い切りタイプ買い切りタイプ買い切りタイプ
1年分(公式価格)12,984円(35806円)38,284円65,784円
3年分(公式価格)38,952円(35806円)38,284円65,784円
5年分(公式価格)64,920円(35806円)38,284円65,784円
コスト×
Microsoft Office
無料バージョンアップ
×××
Mac対応×
OneDrive
(クラウド)

1TB
×××
Word
Excel
PowerPoint

Outlook
OneNote

Teams
Access
Publisher







×


×
×
×
×
×




×
×
×
×




×
×

※Excel 2021とPowerPoint 2021の単品価格は、マイクロソフト公式サイトで見つけれなかったため、執筆時点での楽天市場の価格なので( )で記載しております。

2~3年おきにマイクロソフトオフィスのバージョンが更新されると考え、3年後の価格で比べます。

◆Microsoft 365 Personal
◆ExcelとPowerPoint2021の単品購入
◆Office Home and Business 2021』
コストを考えると、上記の3種類が候補に挙がります。
この3種類からそれぞれの用途に合わせて選んで行く流れになります。

私は、Microsoft 365 Personalをオススメします。
理由は、無料で最新バージョンにできますし、マイクロソフトオフィスの機能も充実しており、クラウドもあるのでもしもの時も安心です。

ちなみにMicrosoft 365 Personalの価格はMicrosoft公式ですと12,984円ですが、楽天, Amazon, ヤフーショッピングの方がお得に購入できます。

なので楽天, Amazon, ヤフーショッピングの3箇所で価格を比較してからのご購入をオススメします。

ポイント還元もあるので、もらったポイントの使い道がなくては困ると思いますので、普段お使いのサイトでご購入するのも全然アリです。

<Microsoft 365 Personal>

私の場合、2022/7/8現在、『楽天・Amazon・ヤフーショッピング』での購入価格を比較を紹介します。

ポイント還元もあるので、実質価格として表記します。

1位:楽天 (実質:9381円)
2位:ヤフーショッピング (実質:10,925円)
3位:Amazon (実質:11.682円)
4位:Microsoft公式サイト (12,984円)

<参考:私の場合の価格比較>

ちなみに楽天では、執筆時点で、お買い物マラソン中でキャンペーン対象なので、少しお得に見えるかもしれません。

楽天スーパーセールやお買い物マラソンでキャンペーン対象になりやすいので、楽天では購入タイミングも重要です。

私は楽天経済圏のため、楽天市場では30%のポイント還元で安く買うことができます。
なので、どのサイトが一番安くなるかは、個人によりますので、ご自身でご比較の上、ご購入がオススメです。

ちなみに、楽天経済圏のメリットや入り方については、こちらの記事で紹介しております。

(少し話は逸れますが、私は、毎月、家族分のお買い物を楽天市場しており、家族にも感謝されておりますので、楽天経済圏はオススメです。)

『少しでも安くしたい!古くても気にしない!』なら他の商品もアリ!

なるべく安い方が嬉しいし、バージョンが最新でなくても良い方もいらっしゃいますよね

とはいえ、1年や2年の使用ならば、これまでオススメしてきた『Microsoft 365 Personal』が安くなり、オススメです。
しかし、絶対に3年以上は使うという方には、別のオススメ商品もあります。

例えば、5年分の価格を見ると、『Microsoft 365 Personal』よりも『[単品]Excel 2021 と[単品]PowerPoint 2021』や『Office Home and Business 2021』の方が2万円以上、安くなります。

スクロールできます
Microsoft
365
Personal
Excel 2021 と
PowerPoint
2021
Office
Home and
Business 2021
Office
Professional
2021
販売形式1年毎のサブスク買い切りタイプ買い切りタイプ買い切りタイプ
1年分(公式価格)12,984円(35806円)38,284円65,784円
3年分(公式価格)38,952円(35806円)38,284円65,784円
5年分(公式価格)64,920円(35806円)38,284円65,784円
コスト×
Microsoft Office
無料バージョンアップ
×××
Mac対応×
OneDrive
(クラウド)

1TB
×××
Word
Excel
PowerPoint

Outlook
OneNote

Teams
Access
Publisher







×


×
×
×
×
×




×
×
×
×




×
×

※Excel 2021とPowerPoint 2021の単品価格は、マイクロソフト公式サイトで見つけれなかったため、執筆時点での楽天市場の価格なので( )で記載しております。

『エクセルとパワポだけ』あれば良いなら

楽天, Amazon, ヤフーショッピングで調べると、『Excel単品』や『PowerPoint単品』でも購入できます。(マイクロソフト公式サイトでも探してみましたが、単品商品は確認できませんでした。)

ちなみに単品は買い切りタイプです。

そこで5年間使用した場合の価格を『Microsoft 365 Personal』(64920円)と比べると、『Excel 2021 (単品17903円) とPowerPoint 2021 (単品17903円)』(計35806円)を合わせて単品で購入した方が約2万9千円も安くなります。

デメリットとして、単品での購入は、買い切りタイプですので、5年後には1~2つ古いバージョンになってしまいますので、その点はご注意お願いします。

エクセルとパワポの他にワード,Outlookも欲しいなら

5年使用した場合の価格を『Microsoft 365 Personal』と比べると、『Office Home and Business 2021』の方が約2万6千円も安くなります。

デメリットとして、単品での購入は、買い切りタイプですので、5年後には1~2つ古いバージョンになってしまいますので、その点はご注意お願いします。

エクセルやパワポのどちらか1つだけ使うなら

エクセルのイメージ図

個人で使う場合、『エクセルだけしか使用しない』『パワーポイントしか使用しない』という方もいらっしゃるかとおもいます。

使用期間が1年程度の場合なら、Microsoft 365 Personalがオススメです。

しかし、2年以上の使用を考えており、ひとつのソフトしか使わない場合は、『エクセル単品』や『パワーポイント単品』の単品購入がオススメです。

もう少し丁寧に言うと、よっぽど最新バージョンへのこだわりがない限り、単品購入がリーズナブルです。

エクセルだけ使う方

長い期間使うほど、エクセル単品の方がお得になります。
Microsoft Officeのバージョンアップが2~3年に1回ということも考慮して、3年分の価格で比較しても約2万1千円も安くなります。半額以下で済みますので、常に最新にアップデートしても、安く抑えられると考えられます。

Microsoft
365
Personal
Excel
2021
単品
販売形式1年毎のサブスク買い切りタイプ
1年分(公式価格)12,984円(17903円)
3年分(公式価格)38,952円(17903円)
5年分(公式価格)64,920円(17903円)
コスト
Microsoft
Office
無料バージョンアップ
×
Mac対応
OneDrive
(クラウド)

1TB
×
Word
Excel
PowerPoint

Outlook
OneNote

Teams
Access
Publisher







×

×
×
×
×
×
×

※Excel 2021とPowerPoint 2021の単品価格は、マイクロソフト公式サイトで見つけれなかったため、執筆時点での楽天市場の価格なので( )で記載しております。

パワーポイントだけ使う方

エクセルと基本、同じです。

Microsoft Officeのバージョンアップが2~3年に1回ということも考慮して、3年分の価格で比較しても約2万1千円も安くなります。半額以下で済みますので、常に最新にアップデートしても、安く抑えられると考えられます。

Microsoft
365
Personal
PowerPoint
2021
単品
販売形式1年毎のサブスク買い切りタイプ
1年分(公式価格)12,984円(17903円)
3年分(公式価格)38,952円(17903円)
5年分(公式価格)64,920円(17903円)
コスト
Microsoft
Office
無料バージョンアップ
×
Mac対応
OneDrive
(クラウド)

1TB
×
Word
Excel
PowerPoint

Outlook
OneNote

Teams
Access
Publisher







×

×
×
×
×
×
×

※Excel 2021とPowerPoint 2021の単品価格は、マイクロソフト公式サイトで見つけれなかったため、執筆時点での楽天市場の価格なので( )で記載しております。

(参考)Wordだけ使う方

エクセルとパワーポイントと同じです。

Microsoft Officeのバージョンアップが2~3年に1回ということも考慮して、3年分の価格で比較しても約2万1千円も安くなります。半額以下で済みますので、常に最新にアップデートしても、安く抑えられると考えられます。

まとめ

『エクセルとパワーポイントを使う場合』、または『エクセルかパワポのどちらかのみを使う場合』に別けて、商品の特徴とオススメを紹介してきました。

<結論:万人にオススメできるのは『Microsoft 365 Personal

<結論:なるべくコストを抑えたい場合は、下記の2パターン>
※少しバージョンが古くなるなど、デメリットあります。

[エクセルとパワポだけあれば良いなら⇒エクセル単品とパワポ単品を購入

[エクセルとパワポの他にワードやOutlookも欲しいなら
Office Home and Business 2021

<お得に購入するポイント>
マイクロソフトの公式サイトよりも、楽天, Amazon, ヤフーショッピングで購入した方がお買い得に購入できることが多いので、各サイトを比較の上でのご購入の検討をオススメします。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

それでは、また!

「良い記事だった!」
「応援したいな!」

と感じて下さったら、ぜひブログ村の応援(クリック)をお願いします。

励みになります^^b

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


Twitterもやってます。ぜひフォローお願いします。
ご気軽に絡んで下さると嬉しいです。

よろしくお願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次