MENU
クリックで飛べる目次
トカゲ
10年でFIREを目指すサラリーマン
現在、FIRE目指して4年目に突入!
(目標期間:2019年~2029年)
◆貯蓄ペース:年間400万円
◆投資方針:高配当株&インデックス投資メイン
◆副業:せどり&ブログにチャレンジ中!
◆twitter:フォロー↓ぜひお願いします。

 

日本ブログ村のランキング参加中です。
もし良ければ応援(クリック)お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

おすすめブログ

【りゆうの最北投資ブログ】
ポイ活,幅広い投資が素敵

プルデンシャル生命の保険解約のコツ~気まずくない解約方法~

サムネイル_プルデンシャル生命の保険解約のコツ

今回の記事は、プルデンシャル生命のご解約を検討されている方へ向けた記事になります。

あなたの保険担当者は、”知り合い””友人”など、何かしらの繋がりがありませんか?
プルデンシャル生命の保険に加入している方には、共感して頂けると思います。

ちなみに、私の担当者は、友人の先輩でした。
なので、解約するときに、めっちゃ気まずいんですよね。

<気まずい理由>
 ⇒友人の顔に泥を塗るみたいで悪い・・・
 ⇒理由聞かれたら、なんて言うのが正解かな・・・すんなり解約できるかな・・・

私は、ものすごく気まずい思いをしながら、勇気を振り絞り、担当者へ電話し、『解約を、2度も失敗した経験』があります。

私の解約失敗談
  1. 勇気を出して担当者へ電話
  2. 担当者から猛烈に説得される
  3. とりあえず解約を先送りにする

しかし、ある方法で解約したところ、全く気まずい思いをせずに解約できました。
そこで今回の記事では、”気まずくない解約方法”をお伝えします。

すごくシンプルな方法です。
1~2分でご理解頂けます。せめて次の章までは、お付き合いください。

※プルデンシャル生命を悪く言う趣旨の記事ではございません。
 解約の際に、”気まずい思いをしないため”という観点に絞って述べております。

プルデンシャル生命の保険解約のコツ~気まずくない解約方法~

目次

結論:コールセンターへ電話しよう!

<結論>
コールセンターへ電話をすれば、すぐに解約できます。

電話番号は、プルデンシャル生命から送られてくる封筒の裏面をご覧ください。
※ご自身の最新の封筒の裏面を、ご確認お願いします。

簡潔に申しますと、こちらに電話して『解約したい』と言えばOKです。

<コールセンターのメリット>
◆コールセンターのお姉さんから、変な引き止めは、全くありませんでした。
◆解約の理由について、根掘り葉掘り聞かれることもなかったです。

なおコールセンターへお電話する前に、お手元にご準備頂きたいもの1点ございます。

<コールセンターに電話前の準備>
解約したい保険の ”証券番号”

保険の証券番号は、契約時の書類や、年末調整の時期に送られてくる書類に記載されております。
お手元に”証券番号”を準備できたら、コールセンターへ電話すればOKです。

この結論で、本ブログの90%くらいお伝えたい内容を書き終わりました。

次に実際の解約の際に、注意したい点を述べて参ります。

※保険の解約については、自己責任でお願いします。

注意点①:担当者への電話はオススメしない

私は、コールセンターの電話する前に、解約を決意し、2度ほど担当者へ電話したことがあります。

なぜ担当者へ電話したかと申しますと、契約時に担当者から、次のように、

「なにかあれば、私(担当者)に電話ください!」

「結婚や、ちょっとしたケガでも、
なんでも私(担当者)に電話して!」

と、念入りに担当者へ電話するように言われていたので。

そこで解約したい旨を、担当者へ伝えたところ・・・全力で止められました。
逆ギレまではいかなくても、不満げな態度が電話越しに伝わってきました。

「絶対解約するぞ!」と意気込んで2度目も挑戦しましたが、解約できる気が全くしなかったです。

(担当者が本当に私の事を考えてくれていた可能性もあるので、悪く言うつもりはないですが。)

なので、意思の弱い方や、気遣いさんや、礼儀正しい方が、担当者へ電話した場合は、解約は難しいだろうなと、率直に感じます。よほど口達者の方以外は、担当者へ解約希望の電話をすることはオススメしません。

話が少し横道に逸れますが、担当者に解約交渉をしてみて感じたのは、

 ”全然解約できる気がしない!”

 ”逆に、この解約しづらいビジネスモデルは素晴らしい!”

プルデンシャル生命の株(米国株 : PRU)を買おうかと検討したほどです。

注意点②:保険内容を事前に確認しておく

保険を解約するにあたり、契約内容を再確認しておくことは重要です。

<要チェック>
返戻金がいくら戻ってくるかは確認しておこう!

私の場合、複数種類の保険を契約しており、7年も前に契約していたので、プランの中身はうろ覚えでした。
その中には返戻金が1円も出ない保険も含まれておりました。

7年も払い続けて、1円も帰ってこないとは・・・世知辛いプランよ・・・
と、自分で契約しておきながらも思いました。結局、そのプランのみは継続中です。

契約内容は、事前に調べておいて良かったです。

<注意点>
コールセンターは、引き止めがない代わりに、契約者に損失が生じる場合も教えてくれません。
良くも悪くも、事務的に解約を進めてくれます。

加入中の保険内容は、契約時の書類や、年末調整の時期にプルデンシャル生命より送付される書類で、概要を把握できます。

またお手元に書類が準備できない方は、保険の内容自体をコールセンターにお問い合わせしても良いと思います。
“返戻金の有無”,”返戻金の額”は、解約前には要チェックです。

あと少しで満期の保険もあるかもしれないですし、解約前に保険内容をご確認することをオススメします。

まとめ

“気まずさが原因で保険解約できない方”や、”担当者に説得されてしまい保険解約できない方”は、お手元に”証券番号”をご準備してコールセンターへ電話しましょう。

最後までお読みくださったので、あなたの保険解約がトラブルなく進みますことを祈っております。

それでは、また。

「良い記事だった!」
「応援したいな!」

と感じて下さったら、ぜひブログ村の応援(クリック)をお願いします。

励みになります^^b

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Twitterもやってます。ぜひフォローお願いします。
ご気軽に絡んで下さると嬉しいです。

よろしくお願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次