MENU
クリックで飛べる目次
トカゲ
10年でFIREを目指すサラリーマン
現在、FIRE目指して4年目に突入!
(目標期間:2019年~2029年)
◆貯蓄ペース:年間400万円
◆投資方針:高配当株&インデックス投資メイン
◆副業:せどり&ブログにチャレンジ中!
◆twitter:フォロー↓ぜひお願いします。

 

日本ブログ村のランキング参加中です。
もし良ければ応援(クリック)お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

おすすめブログ

【りゆうの最北投資ブログ】
ポイ活,幅広い投資が素敵

初めての投資の勉強にオススメ!本『お金は寝かせて増やしなさい』

おともだち

投資に興味あるんだけど…
投資の本って山ほどあるし、難しそうだし、何を読んで良いか分かりません💦

トカゲ

めっちゃわかります💦
初めて投資するとき、本屋さんの投資コーナーに行ったら『どれ読めば良いの?』ってなりました!

おともだち

結局、どの本が良かった?

トカゲ

『お金は寝かせて増やしなさい』が読みやすいし、王道です!
理由を説明していきます

いざ投資に興味を持って勉強しようとしても、『どの本を読めば良いの?』とお困りではないですか?

この記事では、書籍『お金は寝かせて増やしなさい』を読めば、知識ゼロからでも投資の王道“インデックス投資”の本質を理解でき、インデックス投資をスタートできる理由が分かります。

実は、ウォール街や世界中の金融のプロが運用するほとんどのアクティブファンドは、インデックス投資に勝てないのです。

<アクティブファンドの勝率>

アクティブファンドの勝率
引用:お金は寝かせて増やしなさい_第1章 43ページ 著者:水瀬ケンイチ氏

また”知識ゼロから”でも『インデックス投資を理解できる&スタートできる』と言い切れる理由は、本書は私自身が初めて読んだ投資本で、インデックス投資を始めることができました。

本書『お金は寝かせて増やしなさい』の特徴は、株式投資の未経験者/初心者へ向けた本であるため、専門用語が少なく、マンガも挟んであり、とても読みやすいです。しかし、初心者向けとはいえ、核心を捉えてます。

当時、証券口座も持たず、株式投資したことさえなかった私ですが、1日で読み切ることができました。

そして、私は本書の手順に従い、生活防衛資金を貯めた後に、インデックス投資をスタートし、3年半継続しております。

幸い投資成績が、現状プラスなのも、オススメできる理由のひとつです。(+31%, +41.8万円)

<参考:私のインデックス投資の成績@2022/8/17>

私のインデックス投資の成績

初めての投資の勉強にオススメ!~7つの理由~
本『お金は寝かせて増やしなさい』

目次

著者:水瀬ケンイチさんの紹介

水瀬ケンイチさんのご紹介
  • インデックス投資歴:約20年
    (2002年~継続中)
  • 投資ブログ『梅屋敷商店街のランダムウォーカー』の運営者
  • 著書『お金は寝かせて増やしなさい』
  • 共著『ほったらかし投資術』
    (水瀬ケンイチ氏/山崎元氏)
  • twitterのフォロワー3万人超え

私は、水瀬さんの一番スゴイところは、ご自身でインデックス投資を長期で実践しているところだと考えてます。

2000年代の前半、日本ではインデックス投資があまり知られていない時代でしたので、水瀬さんほど長い期間(約20年&継続中)、インデックス投資を実践されている方を、私は聞いたことがありません。

つまり、日本で長期インデックス投資の実体験を書けるのは、水瀬さんだけなのでは?と思います。

著者ブログ『梅屋敷商店街のランダムウォーカー』でインデックス投資の記録を17年も続けていることも貴重です。

そんな水瀬さんの貴重な実体験(『リスクの取り方』・『継続のコツ』・『当時の心境』など)を、本書を通して学ぶことができます。

<twitter@水瀬ケンイチさん>

オススメ理由①:
初めての投資の勉強に最適

今から始める人に向けてのイメージ
これから投資の勉強をする方へ
本書がオススメの理由
  • 堅実な投資方針
  • 今から投資を始める人を前提とした本

堅実な投資方針

初めて投資する方に、本書『お金は寝かせて増やしなさい』をオススメしたい理由は、投資方針が保守的だからです。

その理由は、著者の水瀬さんは約20年の長期に渡り、インデックス投資を実践されてきたため、最悪の事態に備えたリスクの取り方を考慮した堅実な投資方針が光ります。

例えば、100年の1度と言われるリーマンショックの大暴落を経験しているため、安全資産(元本保証の国内債券)への分散を推奨されてます。

また東日本大震災では「明日の100万円より、今日の5万円」という状況を経験し、手元の生活費の確保にも余念がありません。

そんな保守的な運用方針だからこそ、初めて投資される方へ自信を持ってオススメできます。

今から投資を始める人を前提とした本

難しい専門用語が少ない

”投資の本が読みやすいこと”は初心者には、ありがたいです。

私が、初めて投資の本を本屋さんに探しに行ったとき、難しい専門用語が並ぶ本ばかりで困りました。

そんなときに出会ったのが、コチラの本『お金は寝かせて増やしなさい』でした。

専門用語は、簡単な言葉で表現してくれてはいますが、本質はしっかり書いてあります。

例えば、『投資信託』が、どんなものかについても、10ページくらいかけて、特徴や注意点についても丁寧に説明してくれています。

マンガも挟んでありますし、読みやすく、王道のインデックス投資を理解できます。

インデックス投資の入口から出口まで解説

<質問>
まず投資を始めようとしたとき、何をしますか?

私は…『そりゃ銘柄を選んで、購入するんじゃないの?』と思いましたが、これは不正解です!

<正解>
まず家計のチェックです!

投資は、余剰資金で行うものです。普段の生活費や貯蓄へ回せる金額のチェックが必須です。

ちなみに、次のステップは、約2年分の生活費(生活防衛資金)の確保です。
この生活防衛資金を確保できた上で、余剰資金で投資を行います。

本書では、なかなか投資を始めさせてくれません。
しかし、ココが暴落時のメンタルの安定に効いてきます。

トカゲ

ぼくはコロナショックのとき生活防衛資金が潤沢で安心できました!

<入口から出口までのステップ>

STEP
家計のチェック

いくら投資へ回せるか確認が必要

STEP
生活防衛資金の確保
STEP
自分のリスク許容度のチェック

最悪の事態を想定し、どこまでの下落を受け入れてられるかチェックします。

STEP
資産配分を決める

リスク許容度に合わせ、株式や債券の割合を決めます。

STEP
運用コストが低いファンドの紹介

最新情報は、著者ブログで更新されていますので、ご安心ください。

STEP
証券会社の紹介

手数料が低く、幅広い金融商品を取り扱っているネット証券をオススメしてます。
開設の仕方まで教えてくれてます。

STEP
税金対策

“積立NISA”や”iDeCo”の活用

STEP
継続の重要さをひたすら説明

色んな角度から継続することの重要さを教えてくれます。

  • 長期チャート
  • 偉人の名言
  • マンガ
  • 著者の心理状態
STEP
出口戦略

最後は、お金は使ってこそ価値があります。
取り崩し方法の候補まで解説されてます。

本書が、いかに堅実な投資方法か、伝われば幸いです。

オススメ理由②:
インデックス投資の注意点が分かる

注意事項

<インデックス投資の注意点>
◆ すぐにお金持ちにはなれない
◆ すぐに売ってはダメ
◆ インデックス投資ならなんでも良い訳ではない

すぐにお金持ちになれない
&すぐに売ってはダメ

インデックス投資は利回りは、決して大きくないのですが、長期で運用することが重要です。

インデックス投資の利回りは、株式と債券の割合にもよりますが、年利5%程度です。
しかし、年利5%をショボいと思ってはいけません。

なぜなら、1801年~2000年の200年間で、株式は何倍に成長したかご存知でしょうか?

なんと…約700000倍です!(70万倍!)
もし、200年前に、1000円分を購入していたら、現在7億円…です!

引用:株式投資の未来 _ 著者ジェレミー・シーゲル

移動手段は馬車から車になり、計算機は電卓からパソコンになり、電話は黒電話からガラケーからスマホへ進化するように、世界の経済は進んでいきます。

そういった『人が幸せを願う限り、どんな壁があっても、成長は続いていく(本書より引用)ことに投資することが、インデックス投資の本質なのです。

今日、明日で世界がガラッと大きく成長する訳ではありません。
長期的な経済成長の恩恵を受けるのがインデックス投資です。

インデックス投資なら、なんでも良い訳ではない

<注意点>
手数料/運用コストを
抑えることが重要!

つまり、手数料/運用コストの低いインデックスファンドを選ぶ必要があります。

なぜなら、先ほど述べた通りインデックス投資の利回りは、5%程度です。

そんなに利回りが大きいとは言えないインデックス投資にもかかわらず、手数料/運用コストが3%かかるような、ぼったくりのインデックスファンドも存在するのです。すると、利回りが2%まで激減してしまいます。

特に、注意したいのは、銀行や証券会社の窓口へ行くのは危険です。

銀行や証券会社では、手数料が低い金融商品を売っては、利益が出ないため、手数料/運用コストの大きいインデックスファンドを紹介されることがあるそうです。

手数料/運用コストの小さいインデックスファンドは本書でも紹介されていますが、より最新のオススメファンドは、著者ブログで随時更新されていますので、ご安心ください。

オススメ理由③:
インデックス投資の魅力が分かる

魅力、アピールポイントのイメージ
インデックス投資の魅力
  • 100円から投資できる
  • 毎月の自動積立の設定をすれば、
    あとはほとんどやることがない
  • 金融のプロの大半に勝てる
  • 分散効果

インデックスファンドを、毎月の積立投資の自動購入を一度だけ設定すれば、金融のプロの大半に勝てるとは…!すごいことですよね。
ちなみに積立投資の自動設定も難しくないので、ご安心ください。

金融のプロが、売ったり買ったり、特定のジャンルの株を選定したりして、運用するファンドをアクティブファンドと言います。

実は、金融のプロのアクティブファンドと市場平均であるインデックス投資の勝率は、世界中でインデックス投資の成績の方が上回っているのです。

<(再掲) アクティブファンドの勝率>

アクティブファンドの勝率
引用:お金は寝かせて増やしなさい_第1章 43ページ
著者:水瀬ケンイチ氏

あの投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏も『ほとんどの投資家にとって、株を保有する最善の方法は、手数料の低いインデックスファンドに投資することである』と言ってます。

インデックス投資が、投資の王道と呼ばれる理由も分かります。

オススメ理由④:
無駄な手数料を最小化できる

手数料、コスト、税金のイメージ

インデックス投資は、利回りが決して大きいとは言えないため、無駄なコストを省くことが大事です。

本書では、無駄なコストを徹底的に削る手段が手厚く書かれています。

これまで紹介してきた運用コストの低いファンドの選び方の他に、そもそも手数料の低いインデックスファンドを取り扱っている証券会社の紹介税金対策の方法も紹介されております。

証券会社の紹介

本書では、ネット証券を推奨してます。

理由は、手数料が低く、幅広い金融商品を揃えているためです。

特に、「SBI証券」か「楽天証券」をオススメされております。

最近ではSBI証券の方が、ポイント付与率が優秀のため人気です。
しかし、私は画面が操作しやすいので楽天証券がオススメです。普段のお買い物で、楽天市場を使われる方も楽天証券の方がポイントがもらえてお得かもしれません。

SBI証券も楽天証券も、どちらの証券会社にせよ、手数料が低いインデックスファンドを取り揃えておりますので、ご安心ください。

ちなみに、証券会社や銀行口座を開設する際は、ポイントサイトを経由すると、お得です。

私は、ハピタスというポイントサイトを経由して証券口座を開設しました。

かなりお得に開設できると思いますので、ぜひ覗いてみてください。きっと驚かれると思います。

税金対策の方法

税金対策についても詳細に教えてくれます。

基本的に、利益に対して課税されるのですが、積立NISAiDeCoのような税金の優遇制度を使うと、税金対策できます。

そして、積立NISAやiDeCoは、長期で保有する仕組みにもなります。
例えば、iDeCoは60歳まで引き出すことができません。そういったメリット/デメリットについても本書では詳しく書かれております。

積立NISAは、途中で引き出すことができますが、20年間も非課税期間があるので、途中で売ってしまってはもったいないです。フルで使い切りたい制度です。

本書には、インデックス投資を最高効率で運用するコツが詰まっております

オススメ理由⑤:
投資してても実生活に変化がない

日常生活のイメージ

インデックス投資では、普段あまりやることがないため、これまでの生活に変化がありません

初めて投資をされる方は、投資と聞くと、毎日のように株価のチャートに張り付くイメージの方も多かったのではないでしょうか?

または個別株のように、企業の決算書や財務諸表を読み解くイメージを持つ方もいるかもしれません。

インデックス投資は、毎月自動で積立投資しているので、何もすることがありません。

私は、最初の半年くらいは運用成績が気になりましたが、今ではほとんど気になることはありません。

今回の記事の執筆にあたり、久しぶりに自分の運用成績を確認したレベルです。

ひたすら、自動モードです。

トカゲ

まさに『お金は寝かせて増やしなさい』を実践中です!

オススメ理由⑥:
twitterでも著者と交流できる

少し自慢なのですが、私は、著者の水瀬さんとTwitterで相互フォローです。

私は、今では投資関連の本だけで20冊以上の本を読んできました。
それでも、友人から『初めて投資を始めようと思うんだけど、オススメの本ある?』と聞かれれば、私はいつも真っ先に『お金は寝かせて増やしなさい』を勧めてます。

そして、いつもの通り、Twitter上でも、私がフォロワーさんへ『お金は寝かせて増やしなさい』をオススメしているところを、偶然通りかかった水瀬さんからフォローしてもらえました。

水瀬さんは、インデックス投資の第一人者であるにも関わらず、大変腰の低い方で、質問もしやすいです。

しかし、インデックス投資は、毎月、積み立てて寝かせているだけなので、『水瀬さんに、特に質問がない…』が本音です。

『インデックス投資を始めれてヨカッタ!水瀬さん、ありがとうございます!』も本音です。

オススメ理由⑦:
暴落時の投資家心理を疑似体験できる

疑似体験できるイメージ

<私が本書で最も推したい部分>
『暴落時の投資家心理を疑似体験できる』ことです。

この疑似体験ができることは、めちゃくちゃ貴重です!

理由は、大暴落がくると『ドンドン資産が減っていく…今日もまた下がった!もっと下がるかもしれない…早く売らなきゃ!』とパニックになってしまう方が多いです。

実際に、私もコロナショックで、毎日のように連日大きく下がる株価に『いま売って、安くなったところを買う作戦はどうだろうか?』と頭をよぎりました。

しかし、コロナショックの真っただ中でハッとしました。
「この心境…既に『お金は寝かせて増やしなさい』で感じたことある!」と、
そこで、暴落時に本書を読み返し、積立投資を続けるどころか、逆に余剰資金で追加で買い向かうことができました。

私は、株式投資に不安を覚える度に、本書を読み直すので、すでに5回以上『お金は寝かせて増やしなさい』を読んでます。

世界恐慌も戦争も疫病も乗り越え、過去200年で70万倍に成長してきた株式です。

本書では「暴落時に売らないことが大事!」と様々な角度から、何度も念押ししてくれます。

暴落時に売らないコツ
を様々な角度から念押し
  • 著名人の言葉
  • 売りづらい仕組み作り
  • 著者の実体験の心境
  • マンガ
トカゲ

もはや、暴落時に本書を読み返すことが、暴落時に売らない一番の薬になってます!

自分がアレンジした部分

自分でアレンジした部分、試行錯誤したパートのイメージ

最後に、本書では書かれていない、私がアレンジした部分についても紹介します。

私は、本書で紹介されている方法よりも、リスクとリターンを大きく取っています。

具体的には、著者は「国内債券」をリスク⇔リターンのバランスを取るために大事だと紹介されてます。しかし、私は「国内債券」を買わずに、下落時の追加投資の待機資金としました。

理由は、2022年8月現在、国内債券の利回りは、0.1~0.3%程度で、ほとんど利息が付きません。
また私は、現在35歳、独身のサラリーマンかつ生活防衛資金を確保し、リスク許容度が高いと認識したからです。

とはいえ、単純にリスクを大きく取るだけではありません。

本書では、株式と別の値動きをする資産を組み合わせると、リターンをあまり下げず、リスクを抑える方法が紹介されてます。そこで私は、「株式」の他に、「米国債券」「REIT」「金」を数%だけ購入する工夫をしています。

リスク・リターンを大きく取った作戦は、現状はプラスに働いております。
逆に言えば、老後などにリスクを抑えたい場合は「国内債券」「現金」を多めに組み込めば良いということです。

本書を読めば、ご自身に合わせた
リスク・リターンのカスタマイズも
できるようになります。

[参考情報]
私は、インデックス投資の他に、積立NISA枠を超えた余剰資金は、個別株も購入しております。
どのように個別株を選んでいるかなど、今後紹介していけたらと考えております。

まとめ

今回は、初めて投資の勉強するなら書籍『お金は寝かせて増やしなさい』がオススメの理由を解説してきました。

トカゲ

投資の王道である『インデックス投資』を理解できて本当に良かったです!

私は、サラリーマンをしてますが、『会社の今年の目標は、前年比+5%売り上げアップ!』などを見る度に、『経済は発展する』『インデックス投資は人の未来を信じる投資方法』だと実感します。

またインデックス投資は長期投資が前提です。
投資期間の後半になって複利の効果で資産がグッと増える投資方法なので、早めのスタートが重要です。

私だけではなく、周りも口をそろえて、『もっと早くインデックス投資を始めていれば…』とよく言ってます。

個人的には、様々な角度から教えてくれる活字版がオススメですが、どうしても活字が苦手という方はマンガ版もあります。

また証券会社を開設するのにも1~2週間程度、時間がかかりますので、ハピタスというポイントサイトを経由して、お得に証券口座を作成を進めておくことをオススメします。

最近では、楽天経済圏やau経済圏などもあります。
楽天をよく使われる方は楽天証券がオススメですし、au経済圏の方はauカブコム証券もオススメです。
特に経済圏にこだわりがない方は、SBI証券がポイント還元率が優秀なのでオススメです。

いずれも、ハピタスにありますので、一度覗いてみてください。

それでは、また。

「良い記事だった!」
「応援したいな!」

と感じて下さったら、ぜひブログ村の応援(クリック)をお願いします。

励みになります^^b

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Twitterもやってます。ぜひフォローお願いします。
ご気軽に絡んで下さると嬉しいです。

よろしくお願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次