MENU
クリックで飛べる目次
トカゲ
10年でFIREを目指すサラリーマン
現在、FIRE目指して4年目に突入!
(目標期間:2019年~2029年)
◆貯蓄ペース:年間400万円
◆投資方針:高配当株&インデックス投資メイン
◆副業:せどり&ブログにチャレンジ中!
◆twitter:フォロー↓ぜひお願いします。

 

日本ブログ村のランキング参加中です。
もし良ければ応援(クリック)お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

おすすめブログ

【りゆうの最北投資ブログ】
ポイ活,幅広い投資が素敵

【節約女子につき】
ワーママ×副業×節約&イラスト可愛い
ブログ”節約女子につき”へのリンク

節約!年間300万円の貯蓄へ挑戦!① ~センターピンを掴まえる~

サムネイル画像_センターピンを掴まえる

『ところで、なんで年間300万円の貯蓄へ挑戦するの?』

と言った、お声が聞こえて聞こえましたので、背景をざっくり説明します。
これまでの私、トカゲは、『FIREの計画&作戦編』で、FIREを決意し、計画を立てました。

そこで私、トカゲはの目標であり『10年でFIREする』ためには、『年間300万円の貯蓄ペースが必要』だと分かりました。

年間300万円ということは毎月25万円の貯蓄ペースです。

しかし、家計の収支を確認したところ、私には貯蓄の習慣が全くなく、貯金も数千円の状況・・・
(※FIREFinancial Independence Retire Early=経済的独立と早期リタイア)

改めて、年間300万円ってすごい額だ…
まだ貯蓄ゼロですぞ💦

家計を見直そうと言っても、長続きが大事だしなぁ…
一体、何から手を付ければ良いんだ

2019年1月よりFIREを目指して最初の壁が『年間300万円(毎月25万円)の貯蓄』です。しかも、この貯蓄ペースを1年だけでなく10年も続けられることも重要なポイントです。なので、1ヶ月1万円生活のように短期勝負ではなく、10年間も続けられる節約でないとダメです。

今回の『年間300万円の貯蓄へ挑戦編!』で紹介する方法は、人それぞれ置かれた状況が異なるため、全てを同じ結果になることは難しいと思います。しかし、本質は変わらないと思います。自身の置かれた状況を分析し、どう改善するかのゲームだと思います。

私自身、私の方法が絶対に正しいと考えている訳でもございません。むしろ、『節約っ!貯蓄っ!』と引き換えに、失ったものも数知れず、割とオススメはできません。

”年間300万円”,”毎月25万円”改善へ挑戦するために、どんな方法で貯蓄に取り組んだのか?
エンタメとして、ご気軽に読んで頂けたらと思います。

『この節約方法だと、こんなマイナスな面もあったよ!』

のように、ネガティブな面についても随時触れていくので、あなた自身でご検討の上、アレンジしながら参考にして頂けたら幸いです。(なお、私自身は現在、『節約のため窮屈過ぎる生活』です。もうちょっと良いバランスを模索中です。)

節約!年間300万円の貯蓄へ挑戦!①
~センターピンを掴まえる~

では早速、貯蓄”ゼロ”だった私、トカゲが一番初めに取り組んだ内容を紹介します。

トカゲっちの初めの一歩だ!
要チェックだぞ!

目次

センターピンを掴まえよう

センターピンとは、ボウリングの一番前の真ん中のピンの例えです。

ボウリングの真ん中のピンに当たれば、7~10本くらい倒れますもんね。センターピンを倒すと周囲へ波及して、物事が上手く回り出すという意味合いです。

支出を減らすため、”センターピンを掴まえる”ことが、今回記事の肝です。

トカゲっちは、単純だぜ…
一番支出の大きいところに手を付けるんだろ?

ちょっとだけ違うぜ!
それも大事な考え方と思うけど👍

あとで詳しく話すけど、まず本質を分析したよ!

なお、『センターピンを掴まえる』この言葉は、与沢翼さんの本”ブチ抜く力”より引用しております。

『センターピン=物事の本質を掴まえる

センターピンとは、ボウリングでいう真ん中のピンの事です。
…つまり、センターピンとなるたった一つの”物事の本質”を的確に捉えさえすれば、物事は想像以上に上手く行きます。

書籍;ブチ抜く力,著者;与沢 翼 氏,出版;扶桑社

前提) 私の節約に取り組む前の状況

2019年の1月から節約に取り組みましたので、当時の状況をざっくり書きます。

2019年1月_当時の状況
  • 独身
  • 32歳
  • 一人暮らし
  • 年収600万円
  • サラリーマン(ブラック職場)
  • 貯蓄ゼロ(給料日前には1万円くらい)
コラム_当時を振り返って

年収600万円で、独身で貯蓄ゼロってやばくない?
32歳って、社会人歴もそれなりに長いじゃん💦

と、思われてもおかしくないですよね。

2022年の現在から当時を振り返ると、自分の無駄遣いは目に余るモノがあります。
しかし『果たして、無駄遣いしていたから、貯蓄ゼロだったのか?本当にそれだけだろうか…!?』と疑問に思います。

私が思い当たるのは、当時”年収600万円のそれなりにお金をもらってるサラリーマン”を狙う業者さん(以後、ハンター)に囲まれ、当時マネーリテラシーのカケラもない私は搾り取られていました。
具体的には、保険、車、不動産(アパート)などのハンターから、猛プッシュ&ヨイショを受けて、貯蓄できないギリギリまで搾取されていたな…と感じます。
他にも、不動産屋さんのワンルームマンションの猛烈な勧誘(毎日電話💦)もありましたが、すでに絞られ切っていた私は、契約せず(できず?)に済みました。

仮に、きっと年収1000万円だったら、さらに強力なハンター追われていたと思います。

何が申したいかと申しますと、例え年収が700万でも1000万円でも、過去の私なら使い切っていたと思います。

この世間の常識に縛られている間は、イイ感じに搾取され続けてしまうと思います。
(ex.「これくらいの年収の方は、これくらいのローンでお家を買えますよ!これからご昇進もされますでしょうし!」みたいな感じですかね。)

こういった観点からも、人にはお金の器があると思います。
お金の器が育たない内は、いくらお金があっても貯まらないだろうと思います。宝くじで1億円当たった人が破産するのも、いまや納得です。

他人に搾取されず、自分の判断軸を持てるようになってきたところが成長してきたかなと思います。
強く自戒を込めて、追記します。

センターピンの分析

「センターピンが大事だぜ!」と言ったものの…
何がセンターピンだろうか?

支出の内訳とにらめっこして、真剣に考えました。

改善前の月間支出
2019年1月の支出内訳

普通に、支出額が一番大きい交際費じゃない?
14.5万円って遊び過ぎじゃない?

だよなぁ…
でも、一人分の食費が7.4万円もヤバいよね?

あと保険代4.3万円も高くない?
独身で何にそんな保険かけるの?

確かに、そうなんだけどさぁ…
それ言い出したらもう全部、高いじゃん💦

と、色々ツッコミどころは多いかと思います。
しかし、私、トカゲは『もう全部、高いじゃん…』のときに閃きました。

センターピンとは、それひとつを倒すことで、周りのピンも倒せるということ…
ここで考え方を変えました。『何があれば、おれは全部を解決できる?』を自分に問いました。

時間があれば…

結論:トカゲのセンターピン

“仕事の激務”を解決すること

おい!トカゲっち!
どうゆうことだ?
もし貯蓄を増やしたいなら、
残業代が多い方が良いだろ!?

と、目が点になられている方が、画面越しに見えたので、説明します。

私,トカゲの仕事は激務でした。
その激務が原因で、支出の全部が膨らんでおりました。

激務→交際費への影響

忙しいが故に、
同僚との飲み会や食事は必須でした。

つらい状況を共有できる同僚は、家族よりも長い時間を共にする戦友でした。ブラック職場にお勤めになられてる方には、ご共感頂けると思います。

忙しいが故に、普段運動する機会がなく、たまにの休日はポケモンGOに課金(月1~3万円単位)をしてまで運動してました。今では信じれませんが、ポケモンGOへの課金は必要経費と考えてました。

激務→家賃への影響

忙しいが故に、
会社への通勤時間や体力を考慮して、一人暮らしをせざるを得ませんでした。

私の場合は、会社は実家から通える範囲にあるにも関わらず、、、

始発より早く、終電より遅く仕事をすることもあり、仕事を家に持ち帰ることも多かったため、、、一人暮らしでなければ、仕事が回りませんでした。

激務→食費への影響

忙しいが故に、
帰る時間には、とっくに近所のスーパーは閉まっておりました。

なにより、夜遅くから、自炊、皿洗い、片付けする元気などありません
なので基本、外食やコンビニに頼らざるを得ない状況でした。

また会社の滞在時間は『太陽が出る前から、太陽の沈んだ後に渡って』いたので、自販機でコーヒーを買ったりと、飲み物代も月に数万円単位です。

激務→保険

忙しいが故に、
体調を壊すことも、よくありました。

毎年何度か39℃以上の発熱してました。インフルエンザやノロウイルスにもかかりやすかったですね・・・
上司からは『そんな頻繫に風邪引かないだろ…』と疑いの目をかけられていたのも辛かったです。

自分に、いつ、何が起こるか分からない不安からも保険にたくさん入っていました。それに解約する元気とか時間とかないほど、余裕がありませんでした。いつも寝る前は『明日、会社に行ったら、アレして、コレして、、、ってことは6時には働き出さないと!』みたいなイメージトレーニングしてました。

他にも多々、『忙しいが故に』支出が膨らんでしまう項目はキリがないほど挙がります。

私の中で一番クリティカルだと感じたのは、

忙しいが故に、”インプット” も “行動” もできないこと

自分の世界が、いつの間にか仕事場だけになっており、視野の狭い人生になっていました。

そこで次章では、『仕事の激務を解決する』ために、『具体的に何をしたのか?』について述べていきます。

トレーニング①;センターピンを掴まえろ!

社内での異動

私、トカゲが一番最初に行った行動は、”社内での異動”です!

私の会社は、ある程度大きく、当時の給与にも不満はなかったため、社内でホワイトな部署を探しました。
私,トカゲ自身、環境の変化に弱いので、「まずは社内で…」と言った方が、正直なところかもしれません。

(もし見つからない場合は、転職していたと思います。)

そこからは、思い立ったが吉日、下記の行動を実行に移しました!

  1. 社内のホワイトな部署を調べる
  2. ホワイトな部署に所属する友人を捕まえる
  3. ホワイトな部署の偉い方(現在の上司と②の友人)と3人で飲みに行く
  4. 人生を賭けた猛アプローチ

現在の上司に手を差し伸べて頂き、無事に社内転職活動に成功しました。

『異動のノウハウ』『異動して良かったこと』を、より詳細にこちらの記事で紹介しております

当時センターピンを倒してくれた自分に一番感謝してます。
”センターピンを掴まえれば、物事は想像以上に上手く行く”を実感することができました。

しかし、センターピンが、“人それぞれ”という点は難しいですね。
センターピンの捉え方は、与沢翼氏に教えて頂き、感謝しております。

まとめ

今回の記事(①)では、家計改善や固定費低減というよりも、”そのための基盤作り”と言った方が適切だったかもしれません。なんと言っても、まだ1円も支出を減らせてないですかね。

つまり、

目標の貯蓄ペース:毎月25万円まで

現在の貯蓄ペース”0万円/月”
あと”25万円/月”)

私、トカゲなりに人生を変えたくて、色々工夫・行動して、年間300万円(=毎月25万円)の貯蓄へ取り組んで行きます!

とはいえ、ホワイト部署へ異動し、たっぷりの時間を確保しました。
時間がない中では、引っ越しする余裕や、格安スマホを調べたりする暇さえなかったですからね・・・

今後のブログで、時間を確保した自分が、具体的に、どう考え、何に取り組んで行ったか、ご期待ください。
”年間300万円の貯蓄へ挑戦!編で引き続き、紹介していきます。

次回、家賃対策!『実家に帰る』

FIREに向けて、一歩ずつ。

それでは、また。

「良い記事だった!」
「応援したいな!」

と感じて下さったら、ぜひブログ村の応援(クリック)をお願いします。

励みになります^^b

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Twitterもやってます。ぜひフォローお願いします。
ご気軽に絡んで下さると嬉しいです。

よろしくお願いします!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる